一定期間更新がないため広告を表示しています

ゆうパックを使った「送骨サービス

「送骨」とは、骨壷に納めたお骨を、送ること。

どこの寺院でも受け付けてくれるわけはなく、また「送骨」を受けてくれるのも、現在のところ郵便局のゆうパックだけです。

お骨を送ること自体、法律に触れるわけではないのですが、ゆうパックでしか送れないようですね。

受け入れてくれる寺によって、料金はまちまちのようですが、3万円〜5万円が一般的のようです。

永代供養をお願いする場合は、別途料金のところが多いようです。お布施などは不要です。

ここ数年「送骨」サービスを利用する人が増えてきていると言います。

つい先日もNHKで送骨サービスについて特集があっていました。

子供がいなかったり、引き取り手のない遺骨が増えていると言う背景があるようですね。

また地域や家族との関わりが薄れてきていると言う社会的な問題も含んでいるとリポーターの方がコメントしていたのがとても印象的でした。

ここ数年、葬式は家族のみでお別れをするのみで、直送(火葬場に直接運ぶ)を希望する人も多くなってきたそうです。

葬儀社によっては、直送プランと言うのもあるくらいで、時代は変わってきているんですね…

※高齢者の安否確認について詳しいサイト
高齢者の安否確認サービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否確認・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」



JUGEMテーマ:葬儀