一定期間更新がないため広告を表示しています

老人のシェアハウスは無理?

独居老人の世帯が急増してるの、感じませんか?

子供も独立して別に家を持ち、夫婦2人で暮らしていてもどちらかが先に逝った時、それからは一人の生活になります。

男性よりも女性のほうが長生きなので、女性のひとり暮らしが圧倒的に多いですよね。

これから2030年までの間に、さらに独居老人の数は増加するといわれています。

街中も農村部も…。

子供との同居はしない、老人ホームやサ高住(サービス付き高齢者住宅)には入居しない、という場合は、それこそ老人同士でシェアハウスもいいかもしれませんよね。

ただ、今まで自由に暮らしてきた分、不自由に我慢できない事もあるかもしれません。

お互いを良く知っていて、張り合うことなく、穏やかに暮らせる者同士、数人で暮らすことができれば、それが理想ですよね。

ただ現実は相続の問題や、だんだん人数が欠けていったときに、最後に残ったものの負担が大きくなるところ。

本当は、若者と老人が一緒に住むのがいいといわれています。

本来であれば、家族でこのような暮らし方ができればいいのですが、なかなか難しいのが現実です。

私も年を取ったら、気の合う数名で野菜を作ったり料理をしたり、穏やかに暮らせないかと思う1人です…。


JUGEMテーマ:高齢者の日常生活