一定期間更新がないため広告を表示しています

高齢者の一人暮らしを続けるのに必要なライフライン

独居の高齢者の増加は社会問題にもなっています。

そしていつの時点で高齢者住宅(サービス付き高齢者住宅・有料老人ホーム)に入居するのか、あるいは最後まで自宅で過ごすのか、こちらも大きな課題といえるでしょう。

これを読んでいるのは、親の安否確認を心配する子供でしょうか?

もしも親が1人で自宅で過ごす事を選ぶのであれば、何らかの安否確認サービスを利用する事になるでしょう。

持病があるならもちろんのこと、室内で転んで動けなくなる事も考えておかなければなりません。

多くの自治体では、緊急通報サービスの端末機器を無料、あるいは有料で貸し出し、安否確認や緊急通報に利用しています。

緊急時にボタンを押すと、コールセンターにSOSの緊急通報が入る仕組みです。

ただ、緊急ボタンが設置してある場所までたどり着けなければ、ボタンを押す事ができません。

やはり人の動きや生活反応を読み取る、人感センサーもセットで使うことが大事だと思います。

転倒や病気で動けなくなった時のことを考えると、どちらも必要ですよね。

そして最終的には、誰かが駆けつけて安否を確認する必要があります。

アルソックやセコムなどのホームセキュリティは高いというイメージがありますが、実は3000円ほどから利用できるコースもあります。

ポットの使用量で見守る安否確認サービスとと同じくらいときくと、ちょっと驚きませんか?これらのサービスも視野に入れてサービスを比較してみるのもひとつです。

※高齢者の安否確認について詳しいサイト
高齢者の安否確認サービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否確認・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」




JUGEMテーマ:高齢者の日常生活