一定期間更新がないため広告を表示しています

ウエブカメラを使った見守りが普及しない理由

1人暮らしの高齢者の見守りなら、センサーや緊急通報サービスではなくて、ウエブカメラを設置すれば済むように思うかもしれません。

実際、室内に設置できる小型のカメラや、カメラを内蔵し緊急通報用のボタンが付いたぬいぐるみなど、映像で安否確認できるサービスは出回っています。

でも、あまり普及していません。

留守中にペットの様子を見るためならまだわかりますが、相手は老人とはいえ、人権を持った1人の人間です。

自分の生活を始終監視されているような生活は、やはり気持ちのいいものではないということです。

だって、自分だったらどうですか?

やっぱり嫌でしょ?

親にしても同じこと。

それでも安否確認が必要なら、センサーを使ったものや、ポットの使用量やガスの使用量で見守るというのもひとつの方法です。

緊急事態にすぐに駆けつけられないのであれば、駆けつけサービスの付いた安否確認システムを選ぶといいと思います。

最近は、3000円くらいから、緊急駆けつけサービスまで付いたものも出てきました。

まずはどのようなサービスがあるか、情報を集めたり、資料請求してみてはどうでしょう。
※高齢者の安否確認について詳しいサイト
高齢者の安否確認サービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否確認・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」



JUGEMテーマ:高齢者の日常生活






関連する記事